単身パックで運べる荷物量と自力引っ越しとの比較

一人暮らしの引っ越しといえば単身パックがお得です。業者や距離、時期によっても変わりますが、2、3万円前後で引っ越しができます。
その単身パックよりも安く済まそうと思った場合、今度は自力引っ越しを考える段階になります。

 

では、どのぐらいの荷物であれば自分で引っ越しができるのでしょうか。また、単身パックを利用するべきなのは、どのぐらいの荷物がある場合なのでしょうか。各社の単身パックを見比べながら考えてみましょう。

 

業者の単身引っ越し

単身パックや単身向けの引越しプランの料金が家族向けのものと比べて安い一番の理由は、荷物の量が少ないということです。荷物が少なければ運ぶ人も少なく済み、トラックも小さいもので済み、そのうえ短時間で終わります。
反対に言えば、引っ越し業者の単身パックや単身向けプランは荷物が少ない引っ越しに向けたものであって、そうでない場合には向いていなかったり、使えなかったりします。

 

一人暮らしでも荷物が多い人や、大きい家具をいくつも運びたいという人の利用は基本的に想定していません。ちょっとした家電と身の回りのものを運ぶ引っ越しのためのプランです。
荷物の量が多い人や、大きい荷物を運びたい場合は、家族向けのプランを利用することになります。

 

単身パックの荷物量の目安

では、各社が単身パックの目安としている荷物量について確認してみましょう。

 

・赤帽
冷蔵庫、洗濯機、こたつ、エアコン、テレビ、カラーボックス2つ、タンス(小)、ふとん、ダンボール10個

 

・日本通運
2ドア冷蔵庫、テレビ小、電子レンジ、掃除機、カラーボックス、姿見、布団、ダンボール(高さ0.157m、幅0.343m、奥行き0.343m)4個

 

・ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)
例1)ダンボール(高さ0.35m、幅0.43m、奥行き0.31m)15個、衣装ケース3個、布団袋
例2)2ドア冷蔵庫、洗濯機(4kg)、テレビ(20inch)、電子レンジ、ダンボール10箱、布団袋、スーツケース

 

単身パックの注意点

各社が想定している荷物量から見てわかるように、寝具は「布団」が前提で考えられています。単身パックでは規定サイズのコンテナに荷物を入れるため、それに収まらない荷物は運べません。折りたたみ可能な場合や分解可能な場合は運ぶことができますが、折りたたみのできないマットレスがある場合、単身パックは難しいです。
その他にも、テーブルや椅子、ソファーなどの家具を運ぶ場合も、大きさによっては単身パックでは運ぶことができません。

 

見積もりを取る前に

単身パックでは訪問見積もりをしないことが少なくありません。荷物の量が少なく、量を把握するのが難しくないためです。
そのため、見積もりを取る前にある程度荷物の量を把握していることが必要になります。部屋を片付けて必要なダンボールの量をチェックしたり、不要なものを処分したりなどの下準備は済ませておきましょう。荷物が少なければ少ないほど引っ越し料金は安くなりますから、安く済ませたいなら極力荷物は減らすべきです。
もし自分で荷造りが困難なほど荷物があるのだとしたら、単身パックの利用も自力引っ越しも不可能です。おとなしく訪問見積もりを依頼しましょう。

 

単身パックが利用できるなら自力引っ越しも可能

単身パックで想定されている荷物は少なく、家電も小ぶりなものがほとんどです。2ドアの冷蔵庫も重そうには見えますが、力のある男性なら中身がなければ持ち上げる事もできます。洗濯機も同様で、一人暮らし用の小ぶりな縦型のもならば持ち上げられます。ドラム式の洗濯機は縦型に比べると大きくて重いため、個人で運ぶのは難しくなります。
自力引っ越しを考えているのであれば、試しに洗濯機や冷蔵庫が持てるかどうかチェックしてみましょう。

 

ただ、自力で荷物を運ぶ場合、旧居と新居のエレベーターの有無、廊下の広さなどは事前に必ずチェックしておくようにしましょう。持ち上げることはできても、冷蔵庫や洗濯機を階段で運ぶのは非常に大変です。

 

単身パックに収まるほど荷物の量が少なく、加えて自分で運ぶことができるのであれば、自力引っ越しも十分視野に入ります。荷物を運ぶトラックだけ借りれば引っ越しができます。業者に頼むよりもずっと安上がりに引っ越しできる可能性が高いです。
また、さらに荷物が少なく、ダンボールだけで引っ越しができるという場合なら、宅配便で引っ越しするという手もあります。